フィリピンに留学するメリット

「留学」と聞くと、多くの人はアメリカやカナダ、イギリスやオーストラリアなどの国々を連想すると思います。

しかし、何も留学先はこれらの国に限られているわけではありません。


日本人が海外に出て勉強する定番の国々以外にも、おすすめの国はたくさんあります。

その一つが、「フィリピン」です。



フィリピンは東南アジアに属する共和制の国で、近年日本人の留学先として高い人気を集めています。
その理由の一つに「物価の安さ」があります。



フィリピンは、日本や他の国々に比べて物価が安く、留学にかかる費用を抑えることが出来ます。アメリカやカナダなど、定番の国々へ行く場合は、1ヶ月で40万円前後の費用がかかりますが、フィリピンの場合は1ヶ月でだいたい13万円から15万円程度で済みます。
また、物価が安い分、現地でかかる生活費や滞在費も抑えることが出来ます。


アメリカやカナダなどの場合、野菜や果物など、一部の商品を除いて物価は日本とさほど変わりはありません。


留学中はアルバイトをすることは難しいため、日本にいる時と同じぐらいの生活費がかかるのはかなりの痛手と言えます。

さらに、フィリピンでは「マンツーマンレッスン」が主流であり、ネイティブの先生と一対一でレッスンを受けることが出来ます。

アメリカやカナダでは「グループレッスン」が中心のため、一人ひとりが話す時間は限られてしまいますが、マンツーマンレッスンであれば好きなだけ話すことが出来ます。